副腎疲労とは?

現代に生きる私たちは絶えず様々なストレスに晒されながら生活をしています。
そのストレスに勝つホルモン「コルチゾール」の分泌を司る臓器が「副腎」です。

この副腎が疲弊してしまうとこのホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗できなくなり、
原因不明の疲労や体調不良、うつ症状を引き起こしてしまうことがあります。
これを副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)といいます。

“副腎疲労度”チェック

下記の6つの質問に一つでも当てはまる方は副腎疲労の可能性が大。
副腎セルフケアのノウハウを知り、生活習慣を見直すことをオススメします。

さらに詳しい副腎疲労の自己テストはこちらのサイトで行なえます。

副腎疲労自己テスト

講師紹介

副院長 本間 龍介

スクエアクリニック

副院長 本間 龍介

略歴
  • ・聖マリアンナ医科大学医学部 卒業
  • ・聖マリアンナ医科大学大学院医学研究科 卒業
資格等
  • ・医学博士
  • ・日本抗加齢医学会専門医・評議員
  • ・米国抗加齢医学会フェロー
  • ・日本医師会認定産業医
  • ・日本内科学会会員
  • ・NPO やさしい医療推進協議会 理事(高齢者在宅医療支援団体)

自らの副腎疲労の罹患をきっかけに、副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)研究の第一人者であるアメリカ人医師、
ジェームズ・L・ウィルソン博士に師事する。帰国後、日本初の副腎疲労外来を開業し、その治療と認知に日々尽力している。著書に『アメリカ抗加齢医学会の新常識! 老化は「副腎」で止められた』(青春出版社)、 『自分で治す!副腎疲労』(洋泉社)、 『「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい』(SB新書)などがある。

座長

院長 和﨑 雄一郎

くだまつ美里ハートクリニック

院長 和﨑 雄一郎

略歴
  • ・山口大学医学部 卒業
  • ・社会保険綜合病院徳山中央病院循環器内科部長
  • ・医療法人好生堂和﨑医院理事長・院長
資格等
  • ・医学博士
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本循環器学会専門医
  • ・日本脈管学会専門医
  • ・日本抗加齢医学会専門医
  • ・日本超音波医学会専門医

急性期医療からプライマリケアまで30年近い医療現場での幅広い知識と経験を活かし、従来型医療のみでは解決しにくい体調不良に積極的に取り組む過程で栄養・代謝の重要性を強く認識。食事、生活習慣、ストレス、添加物を含めた化学物質への暴露、口腔内状況、個人の身体機能の差に着目し丁寧な診療を心がける。
中国地方では唯一の抗加齢医学会認定医療機関を5年前に開設。

セミナー内容

開催日程 2016年3月27日(日)
定員 80名
入場費 無料
受付時間 9:30
講演時間
  • ■ 前半 10:00 〜 10:50
  • 〜休憩〜
  • ■ 後半 11:00 〜 11:50
  • ■ 質疑応答
講師 スクエアクリニック 副院長 本間 龍介
講演内容

「しつこい疲れ、うつ、老化の原因は副腎にあった!」

  • ・日本の医師の9割が知らないストレス社会の新病「副腎疲労」とは?
  • ・今すぐ改善できる!副腎を傷めている「15のNG習慣」を見直そう!
  • ・副腎疲労はまず、「腸」から治す
  • ・今日からはじめる!副腎をケアする」14の習慣!
座長 くだまつ美里ハートクリニック 院長 和崎 雄一郎
会場/アクセス 周南市文化会館地下練習室1
【アクセス】
・徒歩:JR徳山駅より約25分(約1.8km)
・タクシー:約5分
・バス:金剛山経由イオンタウン周南・下松駅北口
周南記念病院・ひばりヶ丘団地行
動物園文化会館入口下車
会場住所 〒745-0874
山口県周南市徳山5854-41
TEL:0834-22-8787

お申し込み方法

くだまつ美里ハートクリニック、藤井または山本宛にTELまたはFAXでご予約下さい

TEL:0833-48-3310
FAX:0833-48-3300