キレーション療法とは?

キレーションとは、いま予防医学やアンチエイジングの分野で注目を浴びている病気にならないための医療行為の一つです。

わたしたちの身体には、普段の生活の中で摂取してきた有害な水銀や鉛、カドミウム、ヒ素などの有害重金属が蓄積されており、それらが下記のような形で身体に様々な不調や疾患を引き起こしています。

キレート剤(EDTA等)は、これらの有害重金属に強く反応して吸着することで、尿と一緒に体外へ排出し、本来あるべき健康的な身体を私たちに取り戻してくれる療法なのです。

このような方は来院をおすすめします。

  • なんとなく身体に元気がなく、不調です
  • 疲れやすく、回復が遅いです
  • イライラして、ストレスが溜まりがちです
  • 体重が増え、痩せにくくなりました
  • 加齢にともなう皮膚のタルミ・シワ・シミが気になります
  • 高血圧なので、動脈硬化などの血管疾患が気になります
  • 記憶力が悪くなって困っています
  • 夜なかなか眠れず不眠症です

キレーション療法の効果が報告されている疾患

幅広い症状に効果が期待できます。

  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 骨関節炎
  • リウマチ様関節炎
  • 糖尿病
  • 痴呆
  • 加齢に伴う皮膚のタルミ、シワ、シミ
  • 記憶力の低下
  • 加齢黄斑変性症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 狭心症
  • 低血糖(症)
  • 強皮症
  • 硬皮症
  • 血栓症
  • パーキンソン病
  • 抗酸化力の低下
  • 酸化ストレス
  • 血栓性静脈炎
  • 食物アレルギー
  • 静脈瘤
  • 虚血性心疾患

キレーション療法には、環境汚染・食物汚染の影響でいつの間にか身体に入り込み蓄積した重金属(水銀、鉛、カドミウム、ヒ素、アルミニウム、ニッケルなど)が引き起こすガンや神経障害、酸化ストレスなどの予防・治療(排泄)を目的としたキレーション治療と、従来の治療法にプラスアルファの効果をもたらす「動脈硬化病変に対するキレーション治療」があり、受診者の状態や要望に合わせた体内環境の改善を行っていきます。

キレーション療法の流れ

キレーション療法で、まず重要なことは、現在の身体の状態を正しく把握することです。尿検査で体内の重金属量を測定し、その結果をもとに、使用する薬剤の種類や量を決定します。

キレーション点滴は、週に1~2回のペースで行い、1回の点滴の所要時間は1~1.5時間程になります。

10回毎に再検査をし、重金属が残っていないかチェックします。もし、まだ残っていた場合は、再度キレーションを行い、重金属が正常な範囲に回復するまでこのサイクルを続けます。

重金属が正常な値になりましたら、半年から1年後に再び有害重金属が蓄積されていないか検査して確認をします。